atelier mila journal

amjournal.exblog.jp
ブログトップ

微笑み地蔵@銀座

d0154102_1322390.jpg

              
            前回1月に開催した個展は、去年10月に他界した母の
            ”供養展”でありました。

            生涯”職業婦人”でシングルマザーだった母は、私の仕事のことも
            いつも応援してくれていました。

            去年、暮れも差し迫った12月半ばに、四十九日の法要を終えて
            突然思い立って「やってみよう!」と思ったのも
            ”笑顔で仕事をする私”を天国にいる母に見てもらうことが
            一番の供養だと思ったからです。

            そして迎えた今回の個展前日...

            私がまだヨチヨチ歩きの時に別れて以来
            一度も会ったことのない”瞼の父”が、この3月に
            亡くなっていたことが判かりました。

            去年の秋、偶然にも父が生きている!!と知って大変な驚きでしたが
            今回はそれ以上の衝撃...
            頭をハンマーで殴られたようなショックを受けました。

            もし前回滞在している時に、会いに行こうと決めていたら
            父に会えたのかもしれない...
            それが一番の、そして最後の親孝行だったのかもしれないのに...

            いや、会えなかった(会わなかった!?)のは、それが私にとって
            最良のことであるから、天がそう導いてくれたのかもしれない...

            色々な想いが心の中で、交差しました。

            個展の前日だというのに、準備らしいことは何ひとつできず
            当日を迎えることに...

            今回は”父の供養展”となるとは、想像もしていませんでしたが
            昔の東京、京橋区生まれ、銀座.泰明小学校にも通っていた
            父のゆかりの土地です。これもなにか因縁でしょうか。。。
             
            これまであまり意識することもなかった父を
            身近に感じた3日間でした。

            私が幸せでいることが一番の親孝行である!
            母の時同様、そう思うことにしました☆
              
            たくさんの方に足を運んで頂き、よい供養展になりました。
            みな様に感謝いたします。

            どうもありがとうございました!!


              
               
            *写真
             微笑み地蔵に手作りの”豆数珠”
             ミズヒキ.コケオトギリの鉢を里山に見立てて...










              
[PR]
by a-mila | 2013-10-13 14:13 | 暮らし