atelier mila journal

amjournal.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:庭( 9 )

庭*夏*2016

d0154102_02012255.jpg
オーダーしてあったアーチが手に入りました。

新品ですが、すでに
ヴィンテージ感が出ています。

まだ仮設置の状態にもかかわらず
嬉しくて
何度もアーチの下を行ったり来たり♪

ここにPierr de Ronsard(ピエール ドゥ ロンサール)
通称Eden(エデン)という名の
つるバラを仕立てる予定です。

来年の今頃は
淡いピンクのバラが満開♪

私の眼の前のスクリーンには
そんな光景が広がっていますw




d0154102_02015894.jpg
アンティークのフェンスを階段の手すりに。。。

毎月出店している
ロングビーチ.アンティーク.フリーマーケットで購入。
早朝のお宝探しをしている時に見つけて
一目惚れ♡
即決できる時は間違いないようです。

本来の手すりとしては高さがやや足りないのですが
”飾り手すり”として付けました。

ここにもつる性の植物をはわせたら
いい感じになりそう♪




d0154102_02021709.jpg
d0154102_02025225.jpg
コテージガーデンのセンター

予定にはなかった”野菜畑”となりました。
プランターが間に合わず、苗をセーブするために
とりあえず植えてみたら
トマトもキュウリもナスも
グングン育つではありませんか?

夏は植物が元気いっぱい!
庭で毎日何かしらの野菜やハーブを収穫できて
恵みに感謝する毎日です。



全体的に見ても、まだまだ土だけのところが多く
植えたい野菜、花、木もたくさんあるけれど
少しずつ、すこしずつ。。。

”庭は一日にして成らず!”















[PR]
by a-mila | 2016-07-26 03:28 |

向日葵

d0154102_02532376.jpg
向日葵が咲きました。
"Mammoth Russian"という種類です。

背丈は2mちょっと、花の直径は24cmもあります。
名前のごとくマンモス級の向日葵です。

d0154102_09144509.jpg
種から育てて、ここまで大きくなりました。

5月の末、2種類のひまわりの種をそれぞれ1袋ずつ
ボーダーガーデンに直播きしました。

ひとつはこちらの”Mammoth Russian”
もうひとつは色々な種類の向日葵がミックスされたもの

でも、うまく育ったのはたった3本だけ!

土との相性でしょうか?


d0154102_09153101.jpg
改めて、こちらの2種類を
鉢用の土で育てることに。。。

開花は初秋にかかることを見込んで
今回は”Autumn Beauty”という
バーガンディなど秋色の向日葵が
ミックスされたものを選択


d0154102_03282337.jpg
種を植えてから、あっという間に芽が出てきて
びっくり!

種たちは栄養たっぷり
鉢用のふかふかオーガニックソイルが
お好きのようです。



d0154102_03425394.jpg
3インチまで成長するのを待って
ママ.マンモスの隣に移植したばかりの
ベィビー.マンモス

夏から秋まで、ボーダーガーデンが
カラフルな向日葵で埋め尽くされるのを
想像すると、それだけで楽しくなります。

特に、"Mammoth Russian"の花の種は
鳥の大好物だとか♪

庭作りをすることで
想像力も大いに磨かれそうです。

















[PR]
by a-mila | 2016-07-23 04:47 |

My Little Rose Garden

d0154102_13514374.jpg
初めて植えたイングリッシュローズが
咲き始めました。

品種は
”Ambridge Rose”(アンブリッジローズ)
アプリコットに近いピンクで
ほんのり良い香りがします。


d0154102_13533417.jpg
植えたのは3月初旬

ローズガーデンと名付けたエリアに
6種類のイングリッシュローズを
1本ずつ植えてみました。
6本目は小径を挟んだ、ガーデンシェッドの前に。。。

(写真、右下一番手前はつげの木)

d0154102_13534774.jpg
春先、雨が多かったこともあって
ひと月後、葉もよく茂り
小さな蕾も確認!



d0154102_13543967.jpg
その2週間後、ついに
アンブリッジローズの固い蕾が
ほころび始めました。


d0154102_14232432.jpg
バラの花がひとつ、ふたつと咲いただけなのに
庭に”華やかさ”がでてきました。

日中、バラはお日様に向かって
まるで日光浴を楽しんでいるみたい!
微笑んでいるかのようにも見えます。

見ている私も幸せな気持ちになります。

日毎に、もっともっと仲間を増やしたい♪
そんな気分になってきました。

どうやら、バラの魔法に掛かってしまったようです。


















[PR]
by a-mila | 2016-05-05 04:28 |

庭の土台、完成!

d0154102_04182760.jpg
d0154102_04184624.jpg
d0154102_04190358.jpg
d0154102_04565930.jpg
d0154102_04565953.jpg
庭の再生プロジェクト
第1次土台整備は完了!

オーダーした噴水やバードバスも
それぞれの場所に収まって

気持ちも新たに
次のステージに進むことにしました♪

植物をどこになにを植えるのか
考えるのは楽しいけれど

カリフォルニアの渇水に
LAの厳しい暑さ。。。

木や植物のために
植え付けは気候が安定してから
植物のことを学びながら
少しずつ進めましょう。

なにはともあれ
やっとここまで辿り着きました。
嬉しい♪の一言につきる。

秋のイベントの準備も開始!

その前に。。。
夏の楽しいイベント
ダイジェストでご紹介しますね。
















[PR]
by a-mila | 2015-08-31 05:20 |

ガーデン再生プロジェクト

d0154102_11584433.jpg
庭の再生プロジェクトを始めて
3週間ほどが経ちました。

プロのランドスケーパーにお願いするのは
10年ほど前に
木の剪定をお願いして以来!

進んで行くうちに
あちらも!こちらも!とドンドン増えて
思った以上の”ビッグプロジェクト”になってきました。



d0154102_11590559.jpg
アンティークのレンガ
ガーデン.シェッドの前のパスに。。。

LA、サンピドロ、ロングビーチと
歴史ある街の、建物の一部に使われていたものらしい。
古いものは、1860年代製造とのこと!



d0154102_11585393.jpg
私も庭師の人たちに混じって
作業する日々です。

もっぱら、花壇の土のメインテナンス
小石を取り除きながら
お団子状になった土をほぐす作業が
最近の日課
 
ちなみに、大活躍のふるいはローズボールの
お向かいさんから先月購入したばかり♪




d0154102_11590955.jpg
庭の草花
少しでもセーブしたくて、そのほとんどを一時
仮住まいのガーデンシェッドへ。。。




d0154102_11591365.jpg
庭の守護神、大きな杏子の木
時々、上からmimi監督のチェックが入ります。

「プロジェクトの完成までは
もうしばらく掛かりそうだにゃ〜!」



自分がワンネスのひとつであると
感じられる生き方
草花と共にある暮らし

私の理想であります。

随分長い間
庭仕事をする気持ちの余裕がなかったけれど
また、植物に触れる生活を少しずつ取り戻したい

そんな思いが
この再生プロジェクトの根底にあるのです。












[PR]
by a-mila | 2015-07-02 13:59 |

この春は、Cecile Brunner

d0154102_212979.jpg

           4月になりました。
           日本は桜の季節??
           満開のところも多いようですね。

           去年は渡米以来、初めて桜を観ることができて
           感激でした。

           この春も日本に帰国する予定でしたが
           秋に延期することになり、残念ながら
           個展もお花見も叶いません。

           でも。。。

           今年は、庭の”秘密の花園”に生い茂るツルバラ
           Cecile Brunner(セシル ブルナー)に癒されています。

           1881年、フランス人のMarie Ducherという女性が
           生み出した、チャイナローズ系のツルバラだそうです。
           歴史のあるアンティークローズなのですね。

           英語のニックネームは"Sweetheart Rose"
           ますます愛しくなりました。

           バラの花そのものは小さいですが、木が育つとこの存在感!
           いい感じでシェードを作ってくれています。

           春の陽気も心地よく
           夢という名の花も、次々花開きます。

           セシルブルナーのように。。。♪
           

             

            
            

           
           
           
           

      
[PR]
by a-mila | 2015-04-02 03:46 |

夏はサポーテと共に。。。

d0154102_0593149.jpg

d0154102_104943.jpg

             今年の夏は、庭のサポーテが大豊作!
             昔、夫がこのフルーツをお隣さんから頂き
             現在の我が家の裏庭に、種を植えたのが始まり。
             最初の実がなるのに、6年も掛かった。
             今年成人式を迎え、木も立派になった。



         
d0154102_0594243.jpg

            8月の始めから、毎日のように収穫
            お裾分けすること、数えきれず



            「美味しかった!」

            「ありがとう!桃の味がする~」

            「初めての味で、マンゴーを中米で44年前に
             始めて食べた時の感激がよみがえりました」

          
    
             もらって頂いた上に、それぞれ感想や思い出も寄せて下さり
             有り難くも嬉しいサポーテ交流

             自然の恵みに感謝!

           

d0154102_103535.jpg

             我が家では、サポーテの豆乳シェイクを
             毎朝飲むのが習慣に♪


             
d0154102_104331.jpg

            てん菜糖を控えめにして作ったジャム


            サポーテの木 実もまだたくさんついているけれど
            足元を見てみれば
            落ち葉の量で夏の終わりを知る。。。
             

            

             
            *サポーテ

              南米原産の果物
              バタリー.ティストのかなり濃厚な甘みを持つ
              青いうちに収穫した場合は、数日間追熟させる
              皮の色が黄色みを増し、柔らかくなった時が食べ頃
              
[PR]
by a-mila | 2014-09-01 04:03 |

可憐な花 〜リッピア〜

d0154102_4464826.jpg

          数年前、アンティーク.モールの窓下の植え込みで見つけ、一目惚れ!
          立ち枯れている部分を採取して、庭の一角に植え直しました。

          

d0154102_4465615.jpg

          咲き始めから花の形状が少しずつ変化



d0154102_574157.jpg

          花のエネルギーが最高に達した時
          花弁を空に向かって思いっきり広げます。
          小さな花に壮大な宇宙を見るようです。

          湘南で花屋さんを営む友人の屋号が”Lippia"
          初めてFBで写真を見た時、いつも見ている可憐な花が、そこにありました。
          我が家のプラントの名前が判り、嬉しかったのを覚えています。
          それ以来、それぞれのリッピアが愛おしい存在となったのは
          言うまでもありません。

         
          
d0154102_447783.jpg

          ミツバチもリッピアが大好き!
          


d0154102_4471669.jpg

         初夏から夏までが、リッピアの開花シーズン。
         花の時期は終わろうとしていますが、緑のカーペットは
         まだまだ元気で、目と心に潤いを与えてくれています。




         
          
          
         






 
[PR]
by a-mila | 2014-07-30 07:29 |

冠カボチャ

d0154102_040484.jpg

              堆肥を花壇の土に混ぜて数日後
              カボチャの芽が出て来た

              しばらく経つのに、頭の上の冠を
              諦めたくない様子。。。  
    
                    
d0154102_121348.jpg

             小さな芽がたくさん出ている中で
             この可愛い姿につい目がいってしまう。
          
             時が来たら、冠を脱ぎ捨て
             葉を思いっきり広げるんだよね、カボチャさん

             成長して欲しいような、欲しくないような。。。
             

            
         
             
             

             
             
            
             
             
              
            
          
          
          
[PR]
by a-mila | 2014-06-10 02:04 |